「スキンケア」カテゴリーアーカイブ

いつになっても治らない顎周りのニキビ

こんにちは。顎周りのニキビ歴6年の24歳男性です。

http://www.thegunnersbury.com/

私は、18歳の頃から急に顎周りのニキビが増え始めました。治っても治ってもまた次のニキビができます。しかも

ニキビが出来るスピード > ニキビが治るスピード

であるため、どんどんニキビは増えていきました。白く膿をもったにきび。真っ赤に腫れ上がったニキビ。触るととても痛いです。コロコロとした小さいニキビもあります。

潰すと膿がぶちゃっと飛び出します。そしてその後はかさぶたができて、あとが残って。。。わかっていても潰してしまい、顎周りのニキビを潰すことが癖になってしまいました。小さなニキビや、黒ニキビはころっと角栓が取れることがあります。しかし、巨大な膨れ上がった触ると痛いニキビは潰そうとしても、激しい痛みにかられるだけで、一向に角栓が取れる気配がありません。そして時間が立つとものすごい膿がたまって大変なことになります。

なぜニキビが出来るようになってしまったのか。私が考えている原因は2つあります。1つは、単純にひげが生え始めて、ひげ剃りを盛んに行うようになり、肌にダメージが蓄積されたから。私はひげが濃くなりだすのが遅かった方?で、大学生になってやっとひげを剃り始めました。そうすることで肌へのダメージが大きくなり、ニキビができてしまったのだと思います。2つ目はストレス過多。大学生になって初めてバイトをはじめた私はとてもストレスフルな生活になりました。昼は大学で授業、夜には家庭教師や引っ越しでのバイト。人間関係が得意でない私はとても疲れが溜まっていきました。ストレスから甘いものや脂っこいものを多く食べるようになり、睡眠不足にもなりました。おそらくストレスは大敵ですね。

大学生から6年たち、今は24歳ですが、前よりよくなったものの、完治はしていません。ストレスを減らすように努力し、ニキビ0肌を目指していきたいです。

年齢には勝てないのか・・・

10代、20代と肌荒れにはずっと悩んできました。シミーホワイトリンクルエッセンス

そもそも、アトピー性皮膚炎ですごく肌が弱く、市販の化粧水、乳液等も合わないものは逆に赤くなり、肌荒れが悪化してしまいます。

市販で売られているもので、「肌が弱い方でも大丈夫」「治療にも使われています」といった肌が弱い方でも大丈夫な商品でも、痒くなり、悪化してしまうくらいです。

10代、20代も肌は荒れていましたが、いわゆる思春期のニキビが気になるくらいでした。

しかし・・・30代になってからというもの、肌荒れの感じが変わってきてしまい、いくら保湿しても時間がたつにつれて乾燥してきたり、くすんできたりします。

「くすみ」というワードの意味をきちんと理解したのも最近でした。

クレンジング、保湿が大事とよく言われていますが、クレンジングで落としきれない汚れがあっても、どうやって落とすのでしょう・・・

よく落ちます!!という商品を使っても、本当に落ちているのかも不思議ですし、たとえ落ちていたとしても保湿で結局足りなかったりとどこかしらが満足にできないのが現状です。30代も時間に追われ自分のことは後回し、疲れて帰ってきてスキンケアをしても疲れて不十分・・・

そんな繰り返しの中、どうやったらきれいな肌になれるのか、日々模索しています。

日中化粧をしていても保湿できるものはないのか・・・

結局は、皮膚科の薬が一番なのか・・・と思ってしまいます。

毎日のスキンケアは必ず成果があります!

45歳の主婦です。

今、取り組んでいる美容方法をご紹介します!

nicoせっけんの効果と私の口コミ!

45歳ともなりますと、美容に関する悩みだらけです。

美容には若い頃から興味関心がありましたので、スキンケアには

人一倍気を使ってきました。

ですので、シワやシミは比較的少なくて年齢よりは若く見えるのではないかと思います。

やはり、スキンケアは継続させることが一番のポイントです。

エステにいけば、スキンケアをさぽったことがリセットされると思っていませんか?

エステを受けた時はお肌の調子も良くなるかもしれませんが、

時間が経ってしまえば、元のお肌の状態に戻ってしまうでしょう!

スキンケアは毎日丁寧にすること。

そして、日焼け止めは夏以外でも一年を通して使用することが大切です。

また、年齢を重ねるとシワシミだけでなく、だんだんと顔がたるんできてしまいます。

私は毎日お風呂で顔ヨガや頭皮のマッサージをしています。

やっていない方はすぐにでも挑戦してみましょう。

今は本やDVDも販売されています。実際にやってみると簡単ですし、顔がスッキリしてきます。

頭皮のマッサージは、頭の血行を良くするので、白髪予防にもなります。

私も白髪がチラホラありましたが、頭皮マッサージで白髪がはえてこなくなりました。

見た目が若々しいと、気持ちも若くなってきます。

毎日のスキンケアやマッサージを継続するのは大変ですが、

苦労した分必ずお肌がこたえてくれますよ。

脂性から乾燥肌になった話

私はもともと汗っかきで、小さい頃から人一倍汗をかきやすい体質でした。運動したとき、緊張する場所など、気がついたらすぐ脇汗が滲み出ているようなタイプで、20代後半は、そのせいか常に顔がテカッていて、常に鼻の脂が出ていたので、あぶらとり紙を手放さず、仕事してても休憩入ったタイミングで化粧を治さないと帰る頃にはほとんどの化粧が落ちているようなくらい、ベタベタに悩まされていました。

http://www.newcityofficial.com/

しかし、真冬の乾燥の時期になると鼻のテカリは相変わらずでしたが、足の膝から下は、ひび割れが起きるほど乾燥肌でした。
そして30歳を過ぎた頃から、冬の時期だけ、口の周りが少しカサカサするようになりました。
いつしか鼻の脂も無くなり、乾燥が年々ひどくなり、乾燥肌用のファンデーションに替え、しばらく落ち着いていました。

ある日、普通肌用のファンデーションを間違って購入してしまい、知らずに使ってしまいました。
すると塗った瞬間、びっくりするくらい顔中カサカサになり、
ファンデーションが浮きまくってしまいました。

あまりの浮き具合に驚いて、このとき初めて、自分はすごい乾燥肌なんだと気付きました。
それからファンデーションを始め、自分に合うスキンケア商品をいろいろ探して始めました。乾燥肌用でも商品によってさまざまで、合う合わないがあります。いろんな商品を試してやっとでいま自分の肌にあった商品を見つけることが出来、乾燥が落ち着いてきました。

商品によってこんなにも肌の状態が左右されるなんていままで知りませんでした。
肌の状態によって化粧のノリが変わるのでその日の気分なども全然違います。
これからもスキンケアの研究を続けていきたいと思っています。

混合肌の悩み

中学生の頃から春から秋にかけてオデコやコメ髪辺りにかけて白いニキビが複数でき始め、気になって潰す事が快感となり我慢する事が出来ませんでした。

使用感は評判以上!ロザリティウォータリーマスクの使用感と私の口コミ!

潰す度にまた膨らんで白いニキビが出てくるのでもっと深いところから爪で押して出していました。また特に毛穴の詰まりをこの頃から気になり始め白いニキビと同様に爪で中身を出してスッキリさせていました。

出す事を覚えてしまった為にあの頃から20年経った今、コメ髪の所はファンデーションで厚塗りしないとボコボコしていて、また鼻の毛穴はもう何回も毛穴の詰まりを取っている為クレーターの様になってしまっておりファンデーションを付けても穴が目立ってしまい悩んでいます。

あの時に我慢をして毛穴クレンジングなどを調べればとも思っています。また毛穴やニキビを取っていた事もあるのかオデコやコメ髪と特に鼻のところからの脂が夏にかけて溜まり気になります。あぶらとり紙やティッシュを使ってこまめに脂を吸収する様に心掛けていますが、ティッシュは余計に脂が浮くとも注意を友人から受けましたがやはり気になって使ってしまいます。

テカリ防止のファンデーションも使ってみましたがあまり変わらず、息詰まっています。そして更に35過ぎてから頬の目立つところにシミが出来てしまいました。まだ頬の部分は中学からそこまでニキビは出来なかったので気にしていなかったのですが、どこで蓄積されてしまったのかシミは年々大きくなっている感じもします。

パッと顔を合わせた瞬間に気付くので厚塗りのファンデーションで隠したりしています。しかし冬になると鼻の部分は乾燥はしないのですが保湿が足りないのか頬の部分にファンデーションを塗ると粉が吹いた様になります。なのでシミの部分の厚塗りがムラになるのであまりで出来ず、難しいです。顔のパーツで肌の質が違いすぎてとても悩んでいます。

年のサインのたるみは知らないうちに出る。

この間、履歴書の写真を撮りました。そうしたら口元が風船のようになっていました。原因は口元のたるみ。元はといえばおでこのしわが気になっていたのに、びっくり。

http://www.roemleiden.com/

すぐにでも化粧水と乳液を塗り手繰り焦りました。本当、年って怖い。知らないうちになってるんだから。そして写真を撮って良かったなと思ってしまう。でもたるみは間に合うのだろうか?もしかすると、もう手の施しようがないのかもとゾッとする。おばあさんだったら分かるけど三十で?まあ話にはあるけど。老化が早いということは仕事のし過ぎかな、食べすぎかなと色々考える。だが思い当たる節がない。やはり最近の手入れが微妙なんだ。

たるみに効く化粧水でないともう駄目。そう考えると、もうエイジングケアということになる。悔しい。自分は老化が遅いと思っていたのに。でもどうしようもない。そして食生活も野菜が多いのに変えなくてはならない。意外と美容は厄介。なんだか病気みたい。でも仕方ない。これから多少でも若返るためにお金や労力をかけるのだ。

ただ問題なのはフェイスパックなどをやると逆にたるみが出る気がするのだ。それが今の悩みだ。そしてエイジングケアの化粧水は意外と少ない。まあ値段が高いのもあるが。何とかなるだろうか?ここは口コミでも調べて何とか研究してやるしかない。頑張ろう。

しぶとい顎ニキビとの戦い

わたしは学生の頃からニキビ肌です。

脂性肌だからかなと思っていましたが、その悩みは大人になっても続き現在に至ります。

自分なりにニキビができやすい状況を考えると、できやすいときの法則が浮かびました。

https://tips.jp/u/sayurin/a/totonou

①寝不足のとき

睡眠時間が削られている状況のときはまず間違いなくニキビができます。

疲れてお風呂に入らず寝てしまった次の日は悲劇です。

②ストレスを感じているとき

仕事が溜まっているときや悩み事をしているときはできやすいです。

しかも自分の癖で悩んでいるときによくあごに手をやっていると指摘されました。

仕事中の汚い手で触ってしまって余計ニキビが出来ていたようです。

③生理前

何の前触れもなく大きい顎ニキビが出来ているときは生理前のことが多いです。

私は昔から貧血気味なので、鉄分不足が原因かもしれません。

痛いし大きくなるしこのニキビは本当に厄介です。

大体以上のケースが多いです。

仕事が忙しいときは、なかなかお肌を大事にできず、ニキビができることが多かったので、

稼いだお金で百貨店の高いスキンケアをしたり、エステに行ったりして必死で抵抗しました。

しかし、治ってもすぐできるの繰り返し。私はこういう肌なんだと諦めていました。

でも、仕事をやめてから寝不足とストレスが解消されたのか、少し改善されてきました。

寝不足、ストレスがお肌の敵というのは本当のことだったようです。

でもいまだにふとした時大きな顎ニキビができる状況は変わりません。まだこのニキビとの戦いは続きそうです。

美白ブームに乗れない私です

50歳目前の私ではありますが…

昔から美白には興味が持てず、今でも美白ブームには乗れないままでいます。

20代では日焼けブームにありったけ乗ってしまい、

日焼けサロンで下地を作ってから海へ出動する日々でした。

その名残もあってか、今でも日焼けが怖くないというか、気にならず…

かと言って、無防備でいるわけではなく、化粧下地で日焼け止めだけは塗っています。

でも、やはりの美白には関心がありません。

シミ、しわ、たるみ、ほうれい線…全て気になるお年頃ですし、

恐らく日焼けによるダメージで全て悪化するのだろう、とも思えますが、

なぜか、美白ブームには乗れないままです。

シロジャム

世の中は男性も日傘をする時代となり、日傘は必須アイテム化していて

通勤時、バス停でバスを待つ間、私以外の社会人らしき女性は皆、日傘使用。

日傘と日傘の間に挟まれて、太陽をさんさんと浴びている自分がなんだか恥ずかしくなります。

でも、やはり、私には日傘は必要なくて、そもそも日傘!持っていません!!

鏡を見れば、肌に張りはなくなり、たるんでほうれい線もバッチリ

特に寝起きのほうれい線は見事なものです。

一時期は、たるみやほうれい線が気になり

エイジングケアと言われる基礎化粧品を頑張って使っていましたが、

それも、なんだか疲れてしまいやめてしまいました。

そして、今では香り重視で、使って気持ちのいいと感じる物を使うようになっています。

これも50歳目前となり、年相応の肌を受け入れた結果なのかな…と最近実感しています。

今は、積極的に日焼けをするわけではないですが、

きっと私はこの先、良くも悪くも、年を重ねるほどに

美白ブームには乗れないままだろうな…と、思っています。

肌荒れに苦しんだ私の成長記録

成人になってからは鏡を見ればテンションが下がる毎日。
化粧水を変えてみたのだけれど肌の調子は右肩下がり。
あれこれと試してはみるものの結局何が肌に良いのかはわからないままでした。

シルクリスタ

まあそんな日常ももう数か月前のこと。

徹底的にやってやると決意した私は小手先のことでどうにかしようとするのをやめ、
生活のすべてを改革することにしました。

思えば肌荒れが気になったのは社会人になってから。
高校生の頃はあんなに自慢だった綺麗な肌も日を追うごとに大変なことになっていました。(くまもひどい…)
しかしそれは肌だけではなく食生活や睡眠、心の細部まで少しずつ少しずつ何かがおかしくなっていました。
幸い私はそれが肌荒れとして現れてきました。

最初に私が始めたのは散歩でした。
今の肌荒れはストレスからきてるのでは?と仮説を立てた私は緑の多い公園での散歩から始め友達とカラオケへ行ったり軽いランニングを始めたりとストレス発散に努めました。びっくりすると思いますが最初のうちは劇的に肌の調子が良くなりました! やっぱりストレス発散は大事だなと思いルンルンで月曜日の朝を迎えることに!
しかし幸せな時間は続きません。
元通りになったのは木曜日の朝。長期戦になることを察しました。

しかしこのままあきらめる私ではありませんでした。
次は食事だ!そう思った私はまずおかしをやめジュースをお水に変えました。
それからいつもは面倒でコンビニで済ませていたお昼ご飯をお弁当にすることにしました。
旬の野菜とタンパク質を多めにしたメニューでよい栄養を心がけました。
それだけでは逆にストレスがたまりそうだったので金曜日の夜だけは大好きなフルーツタルトを食べることを自分に許しています。

この生活を続けているうちに私は心の中で勝利を確信し始めていました。
安定した食生活を身に着けた私の怒涛の追い上げが始まります。

といっても最後の一手は寝るだけです。

いつもの私は寝る前にベットでゴロゴロ1時間スマホを見てから気絶するように寝ていました。
よくないとはわかっていても続けていた悪習慣ですね。

きちんと入浴してから1時間は画面を見ないでリラックスする時間を設けました。
ぐっすりと眠れた朝の気持ちよさは実に何年ぶりだったか幸福感に満ちていました。
そしてそんな最高の朝に待っていたのは最高の肌を持った自分でした。

後々考えると一番最初にやることは寝ることだったのかもしれません。
生活習慣によって最高の肌を手に入れてしまった私はもうこの生活を手放すことなどできません。

肌の透明感を維持しようとすること

肌の透明感がなくなるということがあります。割と明確に分かったりするのはこの透明感のある肌であるのかどうかということなのですが、これは角層の肥厚とか血行不良が要因であるということが多いので覚えておくというのでしょう。肌の透明感のなさというのは角質関係の水分不足からターンオーバーが乱れていくことによって不完全である角質細胞が作られてしまったことからできてしまうことになります。

ちゅらかなさを辛口評価!効果や私の口コミ体験談を本音でレポート!

そもそもどうしてそうなるのか、といえば紫外線ということになるでしょう。これだけというわけではないですがそういうことが起きる理由です。そして、不完全な角質細胞ができたりすることによって角層が肥厚してしまうことになります。そうすることによって、血行不良などで起きてしまってそれが透明感の無さに繋がっていくという形になります。

肌に優しい洗顔料をよく選んだりするようにするとそもそも紫外線からガードするために日焼け止めクリームなどを塗るということが肌の透明感を取り戻すためには必要になってくることになるでしょう。これはどんな人でもやればそれなりに効果を期待することではあります。基本的にとてもよろしくないと言えるのがなんといっても紫外線なのです。

シミとの長い付き合い

子供の頃からの肌の悩みといえば、そばかす。そして今はシミ。とにかく、目の下から頬、鼻の上に茶色い点々があるのが当たり前になっていて、画像加工アプリでシミを飛ばしてみたりすると、すごい違和感を感じてしまいます。もはや愛着すら湧いてるのではないかと思う位、自分の一部になってるのかも知れませんね。http://www.boedo-tango.com/

シミやそばかすですが、昔はシミを薄くするという美容液なんかを色々試していました。その結果「化粧品ではシミは無くならん!」というのが私の結論。もし徹底的にやるならレーザーだなと思っています。

とは言え、私のシミは全体的に広がっているので、もはやこれを全部レーザーで取るという気持ちもなく。

ただ、歳を重ねていくと、今までの細かいシミだけでなく、1cmくらいある大きいシミが出てくるようになりました。今は、頬骨のあたりに出ているのですが、これはさすがにちょっと嫌なので、レーザー除去を検討しています。

あと、頬の部分のシミですが、チークの色次第で濃く見えたり薄く見えたりするので、それは色々試してベストなものを探すようにしています。私のパーソナルカラーはイエローベースのスプリングなので、明るめのサーモンピンクやアプリコットが良いと言われていますが、シミは濃くて暗いので、明るい色にすると対比でかえって目立ってしまうようです。

そんな感じで色々試行錯誤しながら、悩みと付き合っています。

女性特有のお肌の悩みについて考える

女性であれば必ずしもお肌の悩みについて考えたことがあるでしょう。どうしようもならないと諦めているお肌の悩みもあれば、どうにかすれば改善することができるお肌の悩みもあることでしょう。そこで今回は女性のお肌の悩みについて改善できるような悩みがあるとするならば、どのようなことを行って改善をすれば良いのかということについてお話をしていきたいと思います。

透輝美を続ける効果

具体的に女性はどのようなお肌の悩みについて抱えているのかということについてですが、30代以上になるとシミやシワ、くすみなどといった悩みを抱えます。その悩みはどのようなものから来ているのかと言う事ですが、基本的には年齢を重ねることによってのエイジングであったり、日光を浴びることによって日光から発せられる紫外線によって肌が痛んでしまうと言うこともあります。

どうしても年齢にはかなわないといったところはあるとは思いますが、少しでもビタミンCを摂取したり保湿や保温などといった肌に良いケアやコンディショニングを行うことが大事であるといえますし、紫外線や日光から肌を守ると言うことも大事であると言えるでしょう。それほどまでにこのような外的要因と言われるもののアプローチは難しいものではありませんので、ぜひ皆さんも自分の肌について何ができるのかと言うことを考え、実行してみてください。

ニキビが完全に治りきりません

私はファンデーションなどを塗ると、顔がすぐに痒くなるので使っていないのですが、ニキビが次から次へと治っては出てきてしまいます。

nicoせっけんの口コミと効果を暴露!

小鼻のまわりや口周り、おでこなど、どこかが治ると別のところからニキビができて、全くニキビがないきれいな肌にはここ数年なった記憶がありません。洗顔方法が間違っているのかもしれないと思い、ネットで色々と調べて改善してみたり、洗顔フォームがあってないのかもしれないと思い、別のものを使ってみたり、色々と工夫してみているのですが、なかなか完全に治りきりません。

若かった頃よりも、肌の油っぽさは無くなったので、全体的な量は少なくはなっているのですが、やはり、ニキビが全くないツルツルな肌には憧れます。また、食事内容が油っぽいものをたくさんとりすぎてしまっているかもしれないと感じて、最近は食生活も見直し始めました。

そのおかげか少しずつ減ってはきたのですがまだまだです。そして何よりも、1度ニキビができると、完全に治るまでとても時間がかかるようになりました。肌のターンオーバーが弱まってきているのかもしれないので、ホホバオイルなどを使って、その辺も改善していき、今よりももっときれいな肌を手に入れたいです。

肌のぶつぶつはニキビ?それともイボ?

私は顎のところに小さなぶつぶつがあります。それらは1年くらい前からあり、初めは少しでした。ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの最安値通販サイトや私の口コミなどご紹介!

色はニキビのように赤くありません。しかし、気になって触っていたら日に日に増えていきました。触っていたから増えたのか、触っていなくても増えたのかは分かりませんが、顎にしかなかったのに、今は頬の辺りにまで広がっています。

触ると芯のような物が簡単に取れます。だから、触らない方が良いと思いながらもついつい触って取ってしまうのです。これはニキビなのかイボなのか?また、増えている理由はうつっているからなのか?

そんなことが気になりつつも、最近はコロナでマスクをつけて外出するから目立たないし、あまり目立っていないぶつぶつのためだけに皮膚科に行くのも面倒臭いと思ってしまい、放置してしまっています。

インターネットで調べるとイボはウイルス性のものと加齢、紫外線によるものがあり、その中でも細かい分類があるそうです。ウイルス性の場合、自分の皮膚の免疫力で自然治癒することもあるそうです。だから、皮膚の免疫力を高める生活を始めようと思います。

栄養バランスの良い食事を心がけたり、睡眠を十分に取ったり、スキンケアをしっかりするなどして肌の状態を良いものにしようと思います。それでも治らなければ、皮膚科に行こうと思います。

たるみ毛穴をなくしたい

鼻の周りのたるみ毛穴をなくしたくて、現在いろいろな美容製品を試しています。たるみ毛穴とは、普段はぽつぽつと目立つけれど、皮膚を引っ張ると消えて見えなくなるような毛穴のことです。

http://www.musee-alambic.com/

コロナウイルス対策で、毎日マスクをつけています。その影響なのか、お肌のたるみが気になってきていました。さらに、そのたるみが原因で毛穴まで広がってしまいました。たるみだけでなく、毛穴まで、悩みに悩みが重なってしまいました。

すがる思いで美容雑誌を読むと、毛穴対策にはビタミンCが良いらしく、たるみにはマッサージが良いとのことです。そこで、高濃度ビタミンCの美容液を毛穴が気になるところに塗り、肌にアイロンをかけるかのように、たるんだ部分を上へ上へと持ち上げるようにマッサージをし始めました。朝晩の2回です。現在継続して3か月ほど。ほんの少しずつですが、毛穴のざらつきが減った気がします。また、たるんだ肌が少し上に上がったような、口角が上がったような気がします。一目でわかるような大きな変化はないですが、日々の努力が大切だと思っています。使用する美容液は、いろいろなものを試している段階で、自分に合って、コスパもいいものに出会えたら、と思っています。マッサージも時間がかかり若干面倒ですが、 美は一日にしてならず、と自分に言い聞かせながら、これからも続けていきたいと思います。